石川県

伝統工芸品や自然の恵みを生かした観光地が特徴的な石川県では現在、風土を生かした農作物のブランド化に積極的に取り組んでいます。能登野菜や加賀野菜の品目が数多くブランド認定されており、地方外にも出荷されています。また機械類の製造に長けた県でもあり、建設機械のコマツ(小松製作所)をはじめ有名どころの製造会社が多数拠点を持っています。生鮮野菜運搬・機械搬出など多様な用途でトラックが使用される石川県では、冷蔵冷凍車やダンプ、バン車など多種にわたる形状の車両が使用されています。
石川県は北陸の都道府県の一つで主要産業は漁業・養殖業です。
中でも「能登寒ブリ」などは高級ブランド化されるほど人気があり、これらの運搬には当然トラックが必要で、冷蔵冷凍車や保冷車等が多く使用されています。
これらの特装車両は高価買取が望め、主要産業を支える人気車種となっています。
また、同県の小松市は重機メーカーコマツの発祥地である事から、その関連工場が同県内に多く存在し、北陸における工業地域の一端を担っています。

石川県は白山国立公園や能登半島国定公園の一部を擁す自然豊かな県で、また日本三名園の一つ兼六園をはじめとする名所や温泉、加えて輪島朝市、金沢21世紀美術館などの豊富な観光資源を持ち、数多くの観光客が訪れます。一方で、県内の従業者数の約30%が第二次産業に属し、中でも製造業に従事する人口が多く、さらにその半分以上が機械関連で、生産用機械器具製造業で1人当たりの出荷額が日本1です。石川県で製造された機械器具がトラックに積まれて全国へ出荷されます。石川県は、国際貨物便も就航する小松空港に能登空港と2つの空港を抱え、またコンテナ便67万トンを含む貨物量が308万トンの金沢港は工業品の輸入・輸出に用いられ、七尾港は石炭や液化石油ガスの輸入を中心に貨物量が314万トン。他に8つの港湾を抱えています。またJR北陸本線は県外からの貨物列車も走り1日36本の貨物列車が発着します。物流交通の拠点を多数抱えまた北陸自動車道等道路も充実している石川県には多くのトラックが出入りし駆け巡っています。また、古く加賀藩が学問・文芸を奨励し、伝統文化が興隆したことから、石川県には現在も加賀友禅、金沢漆器、九谷焼など有名な伝統工芸品が多く伝わり生産されています。金沢箔は銀箔の国内シェアが100%、金箔が98%以上を占めています。また日本伝統工芸展や日本美術展覧会への入選者の数は人口当たりで日本一だと言います。美術品や工芸品は専用の装備がされたトラックで細心の注意をもって輸送されます。トラックの貢献度の高い石川県で買取にも貢献します。

石川県の買取業者

4.9


買取価格

スピード

スタッフ

安心

サポート


お問い合わせ
0120-302-522
受付時間
9:00 ~ 21:00(平日) 9:00 ~ 18:00(日・祝)

4.8


買取価格

スピード

スタッフ

安心

サポート


お問い合わせ
0120-417-216
受付時間
9:00 ~ 21:00(平日) 9:00 ~ 18:00(日・祝)

4.1


買取価格

スピード

スタッフ

安心

サポート


お問い合わせ
0800-1700-789
受付時間
0:00 〜 24:00

4.3


買取価格

スピード

スタッフ

安心

サポート


お問い合わせ
0120-918-101
受付時間
9:00 ~ 21:00

次ページへ »